梨野礫・エッセイ集

1件〜5件を表示 (533件)


「日本語はどういう言語か」(三浦つとむ著・季節社・1971年)通読・33 

2018年02月22日 【New!】 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

3 感動詞・応答詞・接続詞 【要約】 (a) (おい)、君。 (b) (ああ)、うまかった。 (c) (ちぇっ)、ばかにしている。  独立したかたちで使われる、話し手の呼びかけや感情を表現する語を、感動...


記事の詳細を見る

「日本語はどういう言語か」(三浦つとむ著・季節社・1971年)通読・32 

2018年02月20日 【New!】 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

c 助動詞のいろいろ 【要約】 ○「ある」「だ」  肯定判断、断定の表現に使われる。 ○「ない」「ぬ」  否定判断、打ち消しの表現に使われる。形容詞の「ない」から移行してきた「ない」と、「ぬ」の二つの系列...


記事の詳細を見る

「日本語はどういう言語か」(三浦つとむ著・季節社・1971年)通読・31 

2018年02月19日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

【要約】  彫刻家ロダンは、彫刻や絵画が運動を表現する場合について、次のように語っている。〈「動勢とは一つの姿態から他の姿態への推移である」この単純な言葉が、神秘の鍵なのです。・・彼は一つのポーズか...


記事の詳細を見る

「日本語はどういう言語か」(三浦つとむ著・季節社・1971年)通読・30 

2018年02月18日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

【要約】  現在過去未来が相対的な関係だということを確認した上で、次に運動の相対性という問題を考えてみる。 ● 鳥が(飛んでいく)  この場合は対象である鳥が動いており、話し手は静止している。 ● 森や...


記事の詳細を見る

「日本語はどういう言語か」(三浦つとむ著・季節社・1971年)通読・29 

2018年02月16日 外部ブログ記事
テーマ:テーマ無し

b 時の表現と現実の時間とのくいちがいの問題 【要約】  言語において過去や未来のありかたをとりあげる場合、日本語では助動詞を使う。ところが、現在形で表現する場合がある。 ● 宇宙は永遠に存在(する)...


記事の詳細を見る

1件〜5件を表示 (533件)

となりのシニア

Q. 現在の生活に満足していますか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2018年2月28日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

掲載されている画像

    もっと見る

上部へ