メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

シングルシニアがゆく!

ガス、ガスの山と膝の故障 

2018年06月03日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

昨日は、山天気の予報を信じてまた飽きもせず丹沢へ。
平野部は、朝でも暑く皮膚が痛かったのですが、山を登るに従ってガスで景色が見えず、かつ、肌寒く。
山頂からの景色もほとんど見えず。

もともと行こうとした大菩薩方面や奥多摩の雲取山は、晴れ間もあったようです。

山天気はここんとこ外れているなぁ。

おまけに下山時、また左膝外側の靱帯を痛め
るは、大きな石に左膝をぶつけて膝頭を痛めるし。

打撲した膝のおかげで、駅の階段の上り下りに苦労しました。

さらに、帰宅後靴下を脱ぐと靴下に直径3cmほどの血のりがべったりとついており、よく見ると、右足の外側くるぶしの少し後ろ上から血が出ていました。

なんでこんなところから血が流れるのか全くわからなかったのですが、ふっと思い出したのが、
鍋割山の山頂で草むらに座って昼食をとったことです。15分ほど座っていました。

この時ヤマヒルに食われたんでしょう。
痛みもなにもありません。
ヤマヒルは、口からモルヒネのような成分を出し、痛みを感じさせないようにするばかりか、
血液の凝固を防ぐ成分まで出すそうです。

それにしても登山用中厚のスマートウールの靴下の上から食うかぁ?

恐るべしヤマヒル。人生で始めてヒルに食われました。

いいことまるでなしの山行!

それにしても4月、5月の登山では全く左膝の靱帯は痛くならなかったのになんで今回痛くなったのか。

油断か。
登りは筋トレの成果がはっきりと出て楽になってきましたが、下山は本当に問題が多いです。
やっぱり歩き方かなぁ?

同じ丹沢でも前回の登山では、30km、8時間以上の縦走でも全く痛くならなかったのに。

どうもよくわかりません。

登山用品店のトレラン店員にまた聞いてみようか。

これだけトレーニングしてもダメか?
もうただただがっくり!


新宿のスタバにて



拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR



上部へ