メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

シングルシニアがゆく!

やっぱり不動産屋は信用できません! 

2018年06月14日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

所詮不動産屋ですね、あの爺さんは。
自己の名誉欲だけしか頭にないようです。

私にとって不動産屋というのは
・「口先だけの人間」
・暴力団関係者
となります。

大手不動産会社の社員は、私どもは決してそんな会社でも社員ではありません、と言うでしょう。

そうかもしれません。
ただし、それらの子会社、関連会社が彼らに成り代わって色々やっているわけです。
自分たちは、手を汚さないだけ。

あの爺さんは、「非核化の費用を韓国と日本が払うだろう」なんてふざけたことを言ってました。
日本は、「アメリカの財布か」というべきところですが、小心者の安倍ちゃんは、何も言えません。
おまけに地頭も良くないそうです。

これじゃあの子ブタに「アメリカの手下」と言われても仕方がありません。

一方、戦前の日本は、日本人が想像する以上に酷いことをしてきたようですが、詳しくは伝えられていません。

果たして、約束を守らず、拉致被害者も返さないあの国に損害賠償を支払う義務はあるのでしょうか。

彼らに支払うとすれば、それは現在の日本国民の税金からです。

日本は何をすべきでしょうか。
戦後生まれの日本人は何をすべきでしょうか。

私が首相なら拉致問題が解決し、非核化が完了するまで1円もお金を出さないですね。

ただ、地下資源の共同開発なんてことにはお金を出すかもしれないけど。

でも南北統一になったら朝鮮半島は半ばもう中国の領土と考えたほうがいいでしょうね。

もともと韓国も中国寄りですから。
国民性も信用できませんしね。



某書店にて


拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR



上部へ