メニュー

最新の記事

一覧を見る>>

テーマ

カレンダー

月別

シングルシニアがゆく!

真夏の山行 

2018年08月16日 シニア・ナビブログ記事
テーマ:テーマ無し

今日は比較的過ごし易い気温。

昨日は、山へ。
奥多摩と大菩薩しか晴れの天気予報ではなかったので、奥多摩の鷹ノ巣山へ。
奥多摩3大急登の稲村尾根経由、鷹ノ巣山→七ツ石山→雲取山 と考えていましたが、
雲取を目指している途中時間切れになって、ヘリポートのあたりで引き返す。
雲取まで行く下山時のバスは午後6時以降。
そうすると帰宅は午後9時頃になってしまいます。
七ツ石山まで11時頃までには到着していないといけません。
スタミナがイマイチだな。

7時間弱の山行でした。

やはり稲村尾根は疲れますね。
急坂でほとんど樹林帯なので風光明媚なんてお世辞にも言えず、人気はありません。

昨日も、私が確認できたのは、私以外に3人しかいませんでした。

それでも休憩なしでこの尾根を登れたので、やっぱり体力がついた、ということにしよう。

雲取方面では、トレランのランナーが結構いました。早いで、相変わらず。

でも本当雲取はこんな真夏でもテント泊が必ずいますね。

また、午後2時半頃に登ってくる人がいて、びっくり。あのペースだと山頂到着は、7時過ぎになるのでは。山荘に泊まるにしても、「遅いです!』お小言言われるでしょうね。

毎回、不思議な人たちがいますよ。
この男性以外にも何も持たずに登ってくる人。
昨日も2人、日本人らしき男性とシニアの外人男性。日本語はできるようですが、休み休み手ぶらで登っています。
水の補給や食事はどうしているんだ?
「舐めているのか」って言いたくなります。

お盆とあってもっと登山客がいるかと思いましたが、全体的にやっぱり真夏は少ないですね。

また秋頃になるとどっと増えてくるでしょう。

平日だったので、帰りの電車は、登山客と観光客が多かったのですが、途中から会社員と休暇中の家族ずれがどんどん多くなり、乗り換えでは、1時間近く立ちっぱなしでした。

お盆くらい休めよ、会社員!
ヨレヨレのワイシャツが悲しさを物語っています。

やっぱり平日は山に行くべきではないかも。
ちょっと興ざめしてしまいました。

8月は、台風の季節で行ける時に行かないと、と思って行った次第。

今月初めにも雲取へ行ったのでモチベーションはあまり上がらなかったけど、また体力がついたようで嬉しい。
また、体が締まってきたかも。

おかげで帰宅の酒がうまかったです。



某書店のベンチにて




拍手する


コメントをするにはログインが必要です

PR



上部へ