シニア・ナビのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル ●朝靄の明神岳!
投稿者 ★ベンクル★ 投稿日 2018/09/22 11:48:22
●朝靄の明神岳!
説明 40年前の風景にタイムスリップしました。

槍ヶ岳への登山行程中の一枚で、
モノクロの空気感…昔丸出しの古い写真です。

前のの画像

次の画像



【★ベンクル★ さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2018/09/29
くちなしの花
2018/09/23
あおちゃん
2018/09/23
うきふね
2018/09/23
貴裕
2018/09/23
MOMO
拍手数

27

コメント数

2


コメント

コメントをするにはログインが必要です

夢人さん

今のデジタルカメラは鮮明で色鮮やか、科学の進歩ですよね
しかし、昔のフィルムカメラで撮った白黒写真は味がありました。
いぶし銀のような表現力、何とも言えない渋み。
長野の安曇野に田淵行男記念館があります。
山岳写真家の大御所、高山チョウ研究家でもありますが
この方の山岳写真が大好きで何回か足を運んでいるのですが、
山岳の白黒フィルム写真が素晴らしく現在の色彩重視の写真とは違い
凄く味があり壮大な写真ばかりです。
昔の時代を古臭いと言えるほど記憶に残る写真を撮っているのでしょうか。
設定はカメラ任せでシャッター押せばそれなりに見栄えのいい写真が誰でも撮れる時代、自分で設定をした写真を撮るのではなく、カメラ任せの写真を自慢しても
写真を撮ったとは言えませんよね。
なので、私はフィルムカメラを撮っていらっしゃった方の前では自慢話はできません。

2018/09/22 23:10:32

★ベンクル★さん

同感です!

白黒写真は見る度に心の中に自分軸のカラーと
その時の空気感が新鮮に蘇りますね。

カラー写真は誰が見ても視覚イメージは同じですが、
白黒の場合は撮った人にしか蘇らない色が潜んでいます。

白黒写真の画面のバランスは濃淡が創るので、
カラー写真とはそのバランスが違ってきますね。

カラー写真を白黒に変換してみてみると、
その違いが良くわかります。

写真は心に映して心で撮る!何を…
その為の道具がカメラではないかと思いますね。





2018/09/23 08:35:26


同ジャンルの他の作品

PR



となりのシニア

Q. 事務局主催のイベントは何曜日が参加しやすいですか?

※名前などは表示されません

前回の結果発表はこちら!
次回結果発表は2018年11月1日

「となりのシニア」の質問募集!
みなさんに聞きたい質問がある方はこちらよりご連絡をください。

上部へ