シニア・ナビのメンバーズギャラリー

条件で調べる

カテゴリ選択
ジャンル選択

前のの画像

次の画像

ギャラリー詳細

タイトル ●春息吹・響演!
投稿者 ★ベンクル★ 投稿日 2019/01/12 19:18:14
●春息吹・響演!
説明 タンポポの画像を心象の赴くままに創作していると、
様々な春の氣が響き合っているイメージが湧いてきて
コラージュ風に表現してみました。

前のの画像

次の画像



【★ベンクル★ さんの作品一覧はこちら】

最近の拍手
全ての拍手
2019/01/14
モナミ
2019/01/14
漫歩
2019/01/13
湯好屋三助其の2
2019/01/13
ワイトウ
2019/01/13
ひげじいい
拍手数

26

コメント数

2


コメント

コメントをするにはログインが必要です

夢人さん

風景の中のタンポポを意識してもその周りの風景があって
初めてタンポポが映えるんですね。
その風景を交差して重ね合うことによって配色が出来上がり
現実にはない風景の色が浮かび上がってくるんでしょうか。

私の悪い癖で作品を見た時に製作者の意図を知ろうと
まず考えちゃうんですよね。
よく考えれば解るんですが、自分は製作している過程が分からないから
その人の意図なんて解るわけないのにですよね。

ただ、自分がその作品を見た時にどう感じるかだけでしょうから。

風景を見る原点と感じる所が同じであっても写真で表現するのと
創作で表すのでは道が違いますから。
同じ感じ方でもジャンルが違うと作品の見方が変わるって新鮮で面白いですね^^

2019/01/13 01:09:20

★ベンクル★さん


基本的には私は、作者と観賞者は
独立した対等の関係であると思います。

作者の意図に鑑賞者の印象が加わった時が
作品として完成する瞬間だと思っています。

作家の制作意図が鑑賞者の感性と
必ずしも一致するとは限りません。

展覧会などに行くと自分から意図を説明する作家が
たまにいますが…押し付けはどうかと思いますね。
聞かれたら答えるでいいと思いますが…^o^

夢人さん、ジャンルの違いは関係なく
作品を見た印象を、先ず自分の感性で楽しみましょう!
これが一番です!^v^

2019/01/13 08:33:10


同ジャンルの他の作品

PR



掲載されている画像

    もっと見る

上部へ