シニア・ナビ安心快適手引き

シニア・ナビはメンバーの皆様が安心して、快適にご利用いただけるように、 「シニア・ナビ安心快適手引き」を制定しています。
シニア・ナビは多種多様な趣味・嗜好を持ち、経験や知識も豊富な方々が集まっています。
長い人生で確立した言葉の意味あいも、人それぞれ違う場合もあります。
メンバーの皆様の生活がシニア・ナビを通じて豊かになるように 「シニア・ナビ安心快適手引き」をご参考のうえ、シニア・ナビをお楽しみください。

■大前提として「ルールやマナー」を守って

インターネットでの交流とはいえ人と人との基本は変わりません。
ルールやマナーを守ってシニア・ナビをお楽しみください。

■シニア・ナビに「疑問」があったら

よくある質問の「最近よくある質問」をご覧いただくか、こちらより事務局にお問い合わせください。
不確実な情報による勘違いから生じる疑問が多くあります。

■人を誹謗中傷しない

人をけなしたり、根拠のない嫌がらせや悪口などを言う誹謗中傷はやめてください。
インターネットという多くの人が見ることのできる環境では、その影響も大きいです。
場合によっては名誉毀損、業務妨害等の罪に問われることもあります。

■著作権に気をつけて

著作権とは、写真、絵画、映像など作品の制作者の権利を保護するための法律です。
著作権者の許可や法的な権利がないのに著作物を複製、改変、展示すると著作権侵害となります。
著作権侵害を避けるためにはオリジナルの作品を制作することです。
詳しくは「文化庁」のホームページをご覧ください。

■著作権侵害と勘違いされないように

作品が上手な場合著作権侵害と勘違いが生じるかもしれません。
オリジナルの作品の場合は、誤解などを招かないように撮影場所や撮影時の感想など、できるだけ客観的な事実に基づき、「タイトル」「説明文」での補足をおすすめいたします。

■不審に思われる行動をしない

他のメンバーに対して、無差別に拍手、足跡、コメントをつけることやミニメールを送信することは不審への原因ともなり、相手にとって迷惑な場合もあります。
例えば拍手は、ギャラリーの作品を見て「素敵ですね」など、気軽に賞賛などの気持ちを表することのできる機能であり、無差別に拍手するものではありません。

■過度な行動はしない/しつこくしない

特定のメンバーに対して、過度な拍手、足跡、コメント、ミニメールはやめてください。
例えば、「ミニメールを送信したけど返信がない」からと、その後も過度にメールを送り続けると、相手に不愉快な思いをさせてしまうかもしれません。

■規約違反を発見したら

営利目的での利用や誹謗中傷などの規約違反を発見した場合は、ご自身の判断で行動せず、事務局にご連絡ください。

(附則)
制定:平成 24 年5 月 31 日

脳レク


ブログランキング

上部へ